Tiktokのビジネス活用とは?メリットや企業の活用事例をわかりやすく解説

Tiktokのビジネス活用とは?メリットや企業の活用事例をわかりやすく解説

Tiktokをビジネスに活用するイメージがわかない、Tiktokを活用したいが何からはじめたら良いのか、そのような方にわかりやすく解説します。

本記事ではTiktokのビジネスへの活用をご検討されている方へ、Tiktokの概要、ビジネス活用のメリット、企業の活用事例をご紹介します。

最後まで読むことで、Tiktokのビジネス活用のイメージが具体的にでき、ビジネスに活用するメリットの重要性がご理解いただけます。

ぜひ最後までご覧ください。

Tiktokの概要

Tiktokの概要

さまざまなSNSの中で近年注目を集めているのがTiktokです。若年層の間で、特に人気がありますが、今やビジネスにおける活用も無視できない規模のサービスへと成長しています。

Tiktokの概要と年齢層についてポイントを絞って、わかりやすく解説します。

Tiktokとは?

Tiktokの運営元は、中国のByteDance社です。月間アクティブユーザーは全世界で約10億人とも言われています。ユーザー数は順調に伸びており、企業の公式アカウント利用、広告の活用が増えています。

Tiktokとは、BGMをつけて短い動画(15秒から10分)を投稿できるプラットフォームです。

アプリ内には、動画撮影する際に2倍速や、0.5倍速などの速さで撮影できる機能や、自分の顔を若く加工するなど特殊効果を使い、カンタンに動画を作成できるサービスが備わっています。

オモシロい動画やユーザーを惹きつける動画は、みんなでマネをしてブームが起きることもあります。

Tiktokの年齢層

Tiktokを利用している人の年齢層は、10代の女性の比率が特に多いです。また、最近では少し幅が広がり20代以降の男女の利用する頻度も多くなっています。

なぜTiktokが若者に人気なのでしょうか。それは操作がカンタンだからです。スマホを横にせずとも動画を見られるメリットはTiktokの大きな特徴です。

10代から20代の若年層に抜群の人気を誇るプラットフォームTiktokですが、実はユーザーの平均年齢は34歳です。利用者が若年層だけではなく、幅広い年齢層に広がっているのです。

TikTokの特徴・若年層利用が多い

出典:DIGIDAY「日本のTikTokユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態:要諦まとめ」

Tiktokのビジネス活用のメリット

Tiktokのビジネス活用のメリット

若者に人気の動画というイメージが強いTiktok。近年はビジネスで活用するシーンも増加しています。そこで、ビジネスでTiktok活用を検討している方に向けて、ビジネスでTiktokを活用するメリットをご紹介します。

自社の商品を若年層へ訴求でき、他社との差別化につながる、さらには少ない予算で国外にもリーチできるなど多くのメリットがあります。

1つずつくわしく見ていきましょう。

(1)若年層に訴求できる

Tiktokは、SNSを利用するユーザーの中でも特に若年層へ強い訴求力があります。なぜなら、Tiktokは10代から20代のユーザーに特に人気があり、動画の閲覧や自分で動画投稿を行うアクティブユーザーが多いのは若年層と言われているからです。

アクティブユーザーはTiktokを毎日利用しているので、企業が自社の販売したい商品やサービスを、広告で訴求すると届きやすいのです。

ただし、訴求のみに焦点を当てすぎないように注意しましょう。セールス色が強い訴求ではなく、一般動画に馴染みやすく自社を好きになってもらえる動画コンセプトを考え投稿するようにしましょう。

(2)競合他社と差別化できる

Tiktokを活用すると、自社商品のアピールやプロモーション方法の展開次第で、他社と大きく差別化できます。動画を通すと伝えられる情報量が多くなり、商品だけでなく会社の想いなど感情を伝えやすいのもメリットの1つです。

訴求力が高いTiktokは、企業がブランド認知を積極的に推進する場合は、使うべきSNSと言えます。

(3)国外にもリーチできる

Tiktokの大きなメリットの1つに国外にもリーチできることがあげられます。グローバルに展開している企業の場合は、Tiktokの動画を活用して海外ユーザーへコンテンツを提供できます。

Tiktokでは、海外ユーザーが好むようなハッシュタグなどを利用して、コンテンツを配信すると、スムーズに海外ユーザーへリーチができます。

海外市場へのリーチが出来れば、国内規模で考えていた売上市場より数倍の市場をマーケティングにより獲得することになります。グローバル企業にとってはもちろん、国内企業にとっても、Tiktok活用により新たな市場開拓となり得るため、大きなメリットとなります。

Tiktokの企業活用事例

Tiktokの企業活用事例

Tiktokのビジネス活用をご検討されている方に向けて、企業の活用事例をご紹介します。

美容や飲食などは親和性が高く活用事例が多いです。しかし、どんなジャンルの企業においても、「提供する価値を届ける方法」や「届け方の切り口」を考えることでビジネスで活用できるでしょう。

よりイメージできるように、企業の活用事例をくわしく見ていきます。自社でTiktokをビジネス活用する際の参考にしていただけると幸いです。

事例1 ライオン

ライオンは、美白ハミガキ「Lightee」のブランド認知を図るマーケティング戦略で「Tiktok」を活用しました。

プロモーション方法は、歯の色と顔の印象を比較して、どのような違いが出るか体験できるサービスを提供していったのです。

さらに、今まで「歯の美白」に関心の薄かった若年層へのアプローチをTiktokを通して行っています。結果は合計2.4億回の再生と大成功となりました。

成功の一因としてライオンのプロモーション担当の人は、

「仮に歯そのものには関心が低いとしても、自分の顔の見え方には関心が高いのでは?そこから若年層へのアプローチを想像して実行しました。そして、歯を白くした体験をしてもらうためのTiktokへエフェクト(歯を白く加工する技術)を提供できたのも大きな要因です。」

出典:TikTok for Business「TikTokで白い歯を疑似体験、ライオン、“本気“のブランド訴求」

ブランド認知を行い、関心の高い顔の見え方への訴求方法が今回のマーケティングの成功へとつながった事例です。

事例2 大塚製薬

企業のTiktokビジネス活用の2例目は、大塚製薬の「ファイブミニ」です。ファイブミニは、不足してなかなか取れない食物繊維をカンタンに補給できる飲み物として1986年に販売を開始した商品です。

当初のプロモーションは、30代〜50代のターゲットに対して行われていました。しかし、昨今の健康やダイエットブームに伴い、若年層の関心も高まっているのです。

そこで、Tiktokによるプロモーションをかけたところ、広告は大成功。ファイブミニ1パック(6本入り)を1000名にプレゼントするキャンペーンなども行い、女性を中心に健康に良いなどの活発な意見も飛び交うようになったのです。

ファイブミニは発売から30年以上愛されています。それは、科学的にも根拠がある商品力です。商品力とTiktokにより多くのユーザーが認知した結果、継続的な購買につながっています。

今回の大塚製薬のファイブミニのTiktokのビジネス活用では、今までのターゲットと違う年齢層にアプローチして、自社製品の継続販売につながった好事例と言えます。

まとめ:Tiktokのビジネス活用について理解を深め、取り組みを始めよう!

まとめ:Tiktokのビジネス活用について理解を深め、取り組みを始めよう!

Tiktokのビジネス活用をご検討されている企業の方向けに、Tiktokの概要やビジネス活用のメリット、活用事例をわかりやすく紹介しました。

Tiktokの動画投稿においては、セールス色を抑えたマーケティングデザインが必要です。

逆に考えると、商品やサービスに秘められた想いを届けやすいのではないでしょうか?動画により、ブランド認知を図ることが将来の企業に対する集客や売上につながります。

Tiktokの人気は拡大を続けており、今後ますます発展が見込まれます。自社商品や自社にブランド認知を進めたい方は、ぜひTiktokのビジネス活用をはじめてみてはいかがでしょうか?

同じカテゴリーの最新記事はこちら