Tiktokのフォロワーを増やす方法は?

Tiktokのフォロワーを増やす方法は?

最近では若者だけのSNSではなく、幅広い年齢層に人気が出ているTiktok。使いみちが個人の表現のみならず、ビジネスのマーケティングにおける利用も主流になってきており、フォロワーを増やすための方法を知りたい人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はTiktokでフォロワーを獲得する重要な理由やフォロワーを増やすポイントやフォローされやすいアカウントの特徴をご紹介します。

Tiktokのフォロワーが重要な理由

Tiktokのフォロワーが重要な理由

Tiktokのフォロワーが重要な理由はずばり、売上げや利益に直結するからです。フォロワーの数が多くその中でもコアなファンがいれば、商品やイベント案内をした際に、集客から販売まで広告として活用できます。以下で詳しい内容を見ていきましょう。

投稿を見てもらい自社サービスを知ってもらえる

動画で自社のアピールを行うと、Tiktok利用者に自社の存在を認知してもらい、どんな商品やサービスを扱っているのか知ってもらえます。

どんなにクオリティが高い商品やサービスがあっても、人に知ってもらわなければ利用されることはありません。そのため、Tiktokはまず自社サービスも知ってもらう、入口として効果的なのです。

影響力があれば広告の効果が抜群

Tiktokでフォロワー数が増えると影響力が大きくなり広告の効果も抜群に出てきます。影響力が大きくなると、商品サービスやイベント案内を行った際に、集客ができ利益の確保が容易になります。

フォロワー数が多いだけではなく、どれだけ自社サービスのファンを作れるかも重要なため、フォロワーを巻き込んだハッシュタグチャレンジやコメントのやりとりなどで、フォロワーの信頼を集めることも重要です。

将来的にTiktokのみで収益化できる

Tiktokでは、YouTubeのように動画投稿やライブ配信の際のギフトと呼ばれる投げ銭制度が設けられ、収益化できます。さらに商品を代理で紹介、販売することによりアフィリエイト収入を得ることができます。

・ライブ配信によるギフト(投げ銭)
・動画投稿によるギフト(投げ銭)
・ASPを活用したアフィリエイト

Tiktokのフォロ-されやすいアカウントの特徴

Tiktokのフォロ-されやすいアカウントの特徴

次にフォローされやすいアカウントの特徴をご紹介します。ユーザーとの目線がずれているとなかなかフォローされないものです。ポイントを抑えユーザーがどんなアカウントをフォローしているのか理解し、アカウント設計を戦略的に行っていきましょう。

世界感(コンセプト)をしっかり作り込んでいる

フォローされやすいアカウントは世界感(コンセプト)がしっかり作り込まれています。世界感(コンセプト)とはユーザーが動画を見たときに、統一感があることや、何を伝えたいか明確にわかることです。

例えば「恋愛系」「ペット系」「飲食系」「アウトドア系」「おもしろ系」など多くのジャンルを混ぜてしまうと、ユーザーは混乱してしまいます。ジャンルをしっかり絞り、法人の場合であれば社内紹介などもコアなファンを作る施策のひとつとして効果的です。

次のコンテンツが見たいと思わせる面白さ

動画の内容も次を期待されるものを用意する必要があります。代表的なものは、動画を

シリーズものにすることです。

例えば、動画を全3作として、「第1話」「第2話」「第3話」などとします。すると、第1話を見た人は続きが気になり、今後の動画を見逃さないようにフォローしてくれます。さらに第3話など見た人も、他のシリーズ動画が気になり全体の視聴時間も長くなり、フォロワーが増える効果が期待できます。

また、視聴者の生活に役立つ動画などを投稿すると、他の情報も見たいと思ってもらいフォロワーが増えやすいです。例えば、「家事の時短術〇〇選」「おいしいグルメ〇〇選」などは、短い時間で濃い情報を得られ、フォロワーの獲得につながりやすいと考えられます。

定期的に更新している(可能であれば毎日更新)

フォローされるためには、視聴者によく見られなければなりません。そのため定期的に更新する必要があります。更新の頻度は可能な限り、毎日をおすすめします。1ヵ月単位での更新などでは、ユーザーにとってアカウントの印象が良くなく、フォローにはつながらないでしょう。

アカウントを作る時点で知名度がある

企業の中で、Tiktokをはじめる際にすでに知名度が高い場合は、それだけでフォローしてもらえる確率があがるためチャンスです。動画の内容にもよりますが、これまでの実績としての知名度を活かして、継続的な動画投稿を行うとフォロー獲得につながるでしょう。

Tiktokのフォロワーを増やす方法

Tiktokのフォロワーを増やす方法

TIKTOKのフォロワーを具体的に増やす方法について解説します。戦略的な部分とノウハウなどの戦術の部分を両方ご紹介します。

おすすめ(レコメンド)に表示されることを意識する

動画がおすすめ(レコメンド)に表示されると、フォロワー以外の視聴者にも見てもらえるので、フォロワーを増やすチャンスとなります。おすすめに表示されるためには、「視聴維持率」「いいね数」「コメント数」「シェア数」などの要因が多くあります。

共通して言えるのは、世界感(コンセプト)がターゲットした視聴者にしっかり届くように作成した動画や、楽しめる動画などを意識して投稿することが重要です。

投稿する時間帯に気をつける

ターゲットにしたい(届けたい)視聴者層により、動画の投稿タイミングを意識することもフォロワー増加の戦略のひとつです。ターゲットが主婦の方か、サラリーマンかも生活リズムを想定した上での投稿が必要です。

例えば、主婦の方向けの投稿は、動画を見られる時間帯として、朝子供を送ったあとの9時頃や、昼食後の13時頃などです。サラリーマンについては、仕事が終わって家で休む19時以降に投稿するなどの工夫をします。

誰に向けて発信するか(ターゲティング)明確にする

誰に向けて発信するか(ターゲティング)を明確にすることは、重要です。どのようなファンを集めるかで、自社の商品サービスの売れ行きがまったく変わるからです。

例えば、飲食店などのアカウントでも、ターゲットが「30代男性」だけではなく、「東京練馬区」「家族4人」「ランニングが趣味」などであれば、高級志向というよりは割安で飲みたい人向けのコンテンツ配信をすると共感を得られると仮説が立てられます。

自社が商品サービスを届けたいターゲットを明確にして、共有されやすいコンテンツ配信をしましょう。

トレンドのハッシュタグやBGMをつける

Tiktokは「バズる」と言われるように、ひとつの動画が多くの人に視聴されるチャンスがあるのが魅力のSNSです。動画が「バズる」と、フォロワー数も加速度的に増加するため、意識していきたいポイントです。

トレンドに乗ると動画がバズりやすいと言われており、流行っている#(ハッシュタグ)やBGMを取り入れて、動画を投稿するとチャンスがあります。

もし、「#おすすめ居酒屋」が流行りの#(ハッシュタグ)の場合、ひとつのみでは他の投稿と重なって埋もれてしまいます。そのため、併せて他の#(ハッシュタグ)として「日本酒おすすめ」などを入れると、探している人に見つけてもらいやすくなります。

まとめ

まとめ

今回はビジネスマーケティングツールとして、今後ますます期待されているTiktokのフォロワーを増やす方法をご紹介しました。

Tiktokはひとつの動画の拡散力がすごく、企業にとって広告を効率的に行える素晴らしいツールの一つです。トレンドに乗り、フォロワーと信頼関係を築くことができれば自社の売上げに貢献するでしょう。

今回の記事を参考に、コンテンツ運営方法や、コンセプトメイキングなどTiktok運営によるマーケティングに役立てていただけると幸いです。

同じカテゴリーの最新記事はこちら