Tiktokの再生回数が伸びる動画の作り方

Tiktokの再生回数が伸びる動画の作り方

Tiktokでは、多くの動画が日々投稿されていて、バズった動画などが注目を集めています。そんな中、企業においても広告マーケティングの一手としてTiktok動画で日々、再生回数を伸ばす努力をしているのではないでしょうか?

どんな動画を投稿すれば再生回数が伸びるのか?編集方法で注意するポイントはどこか?速攻性のある動画作成のポイントを知りたいなど、多くの疑問があると思います。

そこで今回はTiktokで再生回数が伸びる動画の作り方というテーマを解説していきます。記事を最後まで読むと、再生回数が伸びる動画の作り方がわかり、企業の広告マーケティングに活かせる内容になっています。ぜひ参考にしてください。

Tiktokの動画の特徴

Tiktokの動画の特徴

Tiktokと他のSNSとの違いはどこにあるのでしょうか。Tiktokと他のSNSとの違いやTiktok動画の特徴をご紹介します。

Tiktokは他のSNSと比較すると再生されやすい

Tiktokは1つの動画の再生時間が短いため、他のSNSと比較すると再生されやすい特徴があります。さらに次々に動画をスクロールして流れていくため、連続して色々な動画を再生して見ることができます。

また、Tiktokは誰でも再生回数を伸ばすチャンスがあるアルゴリズムになっています。はじめて投稿する動画でも、おすすめに表示されることで多くの視聴者に見られる可能性がある魅力的なSNSです。

オススメ動画に表示されることが求められる

Tiktokはおすすめに表示されるとバズり、多くの人に見られる傾向があります。おすすめに表示されるためのいくつかのポイントを理解しておきましょう。

まずは視聴時間と視聴完了率です。視聴される時間が長ければいい動画と判断され、さらに動画を最後まで見てもらえると視聴完了率が上がり、さらに良い動画と判断されます。

最後まで動画をサクサク見てもらえるように、編集を工夫したり視聴者が退屈しないような設計づくりを心がけましょう。

さらにおすすめ表示されるためのポイントとして「いいね数」「コメント数」「プロフィール閲覧数」の多さがあります。Tiktokのアルゴリズムは視聴者がアクションすることでいい動画と認識されるため、おすすめに表示されやすくなる特徴があるのです。

Tiktokの再生回数が伸びる動画の作り方

Tiktokの再生回数が伸びる動画の作り方

続いては、Tiktokの再生回数を伸ばすための動画の作り方についてご紹介します。ポイントを抑えて作成することで効率よく動画を作ることができます。

ひとつずつ理解して、実践していきましょう。

テーマを絞る

1点目は、Tiktokで発信する動画のテーマを絞ることです。テーマが多く扱われていて一貫性がない発信をしていると視聴者が混乱してしまうからです。

たとえば、恋愛系やノウハウ系やエンタメ系など、すべて混ぜてしまうと一貫性が無くなります。恋愛系を求めている人の場合は、ノウハウ系やエンタメ系の動画が必要ないのでフォローをしたくないという気持ちになるでしょう。

発信するテーマは絞って、一貫性を持って動画を作成しましょう。

自分の得意ジャンルで発信する

自分の強みを活かせるテーマがあればコアなファンが増えやすいです。あなた自身のオリジナリティあふれる動画発信は人を惹きつけるからです。

たとえば、筋トレでぽっこりしていたお腹を、2ヵ月でシックスパックの腹筋へ変化させた経験などです。

過去に悩みを克服した経験を交えて発信することで、魅力あるオリジナルのコンテンツが出来あがるため、ファン獲得につながります。

人気のテーマを取り扱う

再生回数が伸びる動画は作るためには、人気のテーマを取り扱いましょう。人気のテーマとしてはお金や投資、ノウハウ系、エンタメ系、恋愛系、節約系、語学系、日常のあるある系などがあります。

多くの人が興味関心があれば、フォローされやすい傾向にあり、同じテーマであっても切り口などを変えてオリジナル性を出せれば、よりコアなファンを獲得出来ます。

動画は量より質を重視する

動画投稿に対しては、量より質を重視した方が良いでしょう。量と質の話はよく出ますが、質を落として毎日投稿しても視聴者は、退屈になって視聴されず、さらにフォローもされないからです。

週1回の投稿であったとしても質のいい動画を投稿すれば、おもしろいと思ってもらえフォローにつながります。質を担保しつつ慣れれば投稿頻度を増やすとスムーズに動画再生とフォロワーの獲得につながるでしょう。

動画は投稿時間は毎回統一する

動画を投稿する時間は毎回、統一した方が良いでしょう。ターゲットに併せた時間に投稿することで多くの人に視聴してもらいやすいからです。

さらに、投稿時間としては16時~17時が投稿タイミングとしてよいです。なぜなら、いいねやコメント数などがもらえると、おすすめ表示された時に、バズを期待できるからです。

Tiktokの視聴者数が多いのは、家でくつろぐ時間帯で19時~21時です。16時~17時に投稿した動画がこの時間に「おすすめ表示」されると、一気に再生回数を伸ばすチャンスも期待できます。

Tiktokの再生回数を伸ばすための動画編集方法

Tiktokの再生回数を伸ばすための動画編集方法

動画の再生回数を伸ばすためには、編集にも気をつける必要があります。編集に気をつけるポイントを5つご紹介しますので、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

目を惹くような魅力あるタイトル

動画編集で力を入れたいのは、タイトルです。タイトルで興味を持ってもらえないと、視聴してもらえないため、ぐっと目を惹くような魅力的なタイトルをつけるように心がけましょう。

例えば、「最新」「速報」「女性(男性)限定」「夏のデートスポット〇〇選」「格安ホテル〇〇選」など、視聴者が思わず見てしまうタイトルをつけるのがコツです。

「ランキング形式」や「〇〇選」などは、第1位を最後にすることで視聴維持率などもアップさせられるので積極的に取り入れましょう。

すべて字幕を入れる

動画については、すべて字幕を入れて作成しましょう。Tiktok動画は、通勤時間に音を出さずに動画だけで再生する人も一定数いるため、字幕を入れることで視聴回数アップにつながります。

字幕を入れる際のポイントは、背景と色が混ざらないようにすることです。背景が白だと、白文字の字幕は見えません。その場合は、黒文字や立体的に表示するなど、視聴しやすいように加工しましょう。

トレンドのハッシュタグ

自分の発信テーマで、再生回数が100万回以上のハッシュタグを探してつけましょう。すると、検索から動画再生数アップを狙えます。

検索する人はテーマに関心があるため、いいねやコメントも付きやすいです。さらに、いいねやコメントが多くもらえるとおすすめ動画に表示されるため、動画再生回数を伸ばすことにつながります。

空白(話していない時間など)の時間は編集でカットする

できるだけ余分な時間は編集でカットしましょう。余分な時間と感じる話し方の「あー」や「えー」などが入っていると、離脱されてしまうからです。

特に動画スタート時の最初の1~2秒や終わりは空白がないように編集に気を付けましょう。空白をカットするとテンポよく動画が進みます。

その結果、視聴者は退屈せず最後まで動画を見てくれます。

BGMは人気曲を利用

動画につけるBGMも人気曲を利用しましょう。Tiktokで流行りの曲であれば、検索からの視聴者獲得や曲による効果で最後まで視聴してくれる可能性をあげられます。

選曲については、Tiktokで有名な人が使用している楽曲を利用するか、Tiktok内で流行っている曲を使うとよいでしょう。

人気曲を利用して検索からの視聴者獲得を目指しましょう。

まとめ

まとめ

今回はTiktokの再生回数が伸びる動画の作り方というテーマをご紹介しました。Tiktokというショート動画は、誰にでも動画投稿でバズるチャンスがある魅力的なSNSです。

しかし、ポイントを押さえて動画を作成し、投稿する必要があります。企業が自社の広告ツールとして活用する際には、効率的な集客を行うために多くの視聴者へ知ってもらう必要があります。

今回の記事で紹介した再生回数を伸ばすための動画作成方法を活用することで、再生回数アップを目指すことができます。戦略的に運用することが求められるため、まずはできることからひとつずつ実践していきましょう。

ただ、ショート動画がアツいのはわかったけど、ショート動画作成の時間を作る時間なんてない。作り方をイチから学ぶのは、大変そう。そんな悩みはありませんか?

そんな悩みを解決するために、弊社では企業が最も取り入れるべき「ショート動画」を企画から撮影制作まで、一気通貫でご支援するサービスを行っています。

すべての工程をご依頼いただけるので、まず必要なアクションは、資料を無料でダウンロードするだけです。

御社の利益向上戦略のファーストステップをスタートさせましょう。

同じカテゴリーの最新記事はこちら