ショート動画制作サービス利用規約

最終改定 2023年2月1日

株式会社フェリエスト

この利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社フェリエスト(以下「当社」といいます)が提供するショート動画制作サービスおよびこれに付随するサービス(以下「本サービス」といいます)を利用される利用者(以下「利用者」といいます)と当社との間で締結される本サービスの利用についての契約(以下「利用契約」といいます)について定めたものです。
本サービスの利用の際には、本規約が適用されますので、ご利用の前に十分にご確認ください。

第1条(適用)

本規約は、本サービスの利用に関する当社と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社と利用者間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

第2条(定義)

本規約内において使用する用語の定義は以下のとおりとします。

「本サービス」
当社より利用者へ提供されるショート動画制作サービスおよびこれに付随するサービスのことをいいます。

「当社」
本サービスを提供する株式会社フェリエストのことをいいます。

「利用契約」
第3条(契約)の定めに従い、利用者と当社との間に成立する、本規約を内容とする利用契約をいいます。

「最低利用期間」
利用契約に基づき利用者が本サービスを利用する最短の契約期間をいいます。この期間が経過するまでに利用者が解約された場合にも、同期間分の利用料金が発生します。

「利用者」
本規約の内容のすべてに同意いただうえで本サービスを利用されるすべての利用者(個人、または法人等)をいいます。

「本アプリ」
本サービスを通じて当社が制作する利用者の動画またはショート動画のことをいいます。

「知的財産権」
著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(これらの権利を取得し、またはこれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます)をいいます。

「反社会的勢力等」
暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力、その他これに準ずる者、団体等をいいます。

第3条(契約)

1. 利用者は、本サービスを利用いただくにあたり、当社が本規約に定める事項のすべてについて予め同意いただく必要があります。この同意のうえ、利用者が当社所定の申し込みを当社へなしたとき、利用者と当社との間に、本規約を内容とする利用契約が成立します。利用契約成立後、当社と利用者間でキックオフMTGを行い、本サービスの詳細について別途協議し決定するものとします。

2. 利用契約に基づく本サービスの利用においては、「最低利用期間」があります。最低利用期間については、当社と利用者との間で別途合意するものとします。

3. 本サービスに関し、公式ホームページ:https://lp.feriest.com/hibimiru/(以下「本サイト」といいます)または関連するWebサイトその他を通じて当社から利用者に個別に提示する諸規定、規則、ガイドライン、ポリシー、ルールその他の取り決めや通知(以下「個別規定」と総称します)についても本規約の一部を構成するものとします。なお、本規約と個別規定の定めに矛盾がある場合、個別規定の定めが優先して適用されるものとします。

4. 当社は、以下の場合に、当社の裁量により本規約を変更することができるものとします。

(1) 当該変更が、利用者の一般の利益に適合するとき

(2) 当該変更が、利用者による利用の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更にかかる事情に照らして合理的なものであるとき

5. 当社が本規約を変更する場合、当社は、事前に本規約を変更する旨および変更後の本規約の内容とその効力発生日を利用者に通知するものとします。変更後の本規約の効力発生日以降に利用者による本サービスの利用があったときは、利用者は、当該変更に同意したものとみなされます。

第4条(利用料金)

1. 利用者は、当社が別途定める支払条件に従い、本サービス利用の対価として、その利用料金を支払うものとします。

2. 本サービスの利用料金は次のとおりです。
(1) 月額費用

第5条(利用者情報)

1. 利用者は、当社が指定する利用者に関する情報(個人名、法人名、所在地、Eメールアドレス、ID等などの個人情報を含み、以下「利用者情報」といいます)を求めた場合、当該情報につき、当社が別途指定する方法により真実、正確かつ完全な情報を提供するものとします。

2. 利用者情報につき変更が生じた場合、利用者は別途当社が指定する方法により速やかに当社に通知し、利用者情報を常に最新の情報となるよう修正するものとします。

3. 当社は、利用者から提供された利用者情報について、以下各号に定める利用目的のために、これを利用します。

(1) 本サービスおよび当社のサービスの提供、データ等の送付、納品、およびこれらに関連する情報告知(当社または第三者の広告、メールマガジン等を含みます)、特典等の発送、アンケート等の実施および障害等に対する対応・対処のため。

(2) 当社の権利を確保する目的で行われる調査・対応のため。

4. 当社は、本規約に明示される場合および以下各号の場合を除き、利用者の事前の承諾なく、利用者から提供された情報を第三者に開示・提供いたしません。

(1) 法令の定めにより開示を義務付けられる場合。
(2) 法的権限を有する者からの開示要求があった場合。
(3) 急迫または不正な侵害から、当社または第三者の権利を守りまたは権利を回復するために止むを得ず開示する場合。
(4) 業務上、協力会社、委託業者等に開示が必要な場合。
(5) 事業の承継その他の方法による本サービスに関する営業の譲受人への譲渡に伴い、当該譲受人に対して提供される場合。

5. 前各項に定めるほか、利用者から提供された利用者情報については、当社プライバシーポリシーに従い取り扱うものとします。
6. 利用者が本サービスを通じて取得したデータ(投稿内容を含みます)は、以下の原因により、消滅することがあります。
(1) 利用者による本アプリの削除その他の誤操作等
(2) その他当社もしくは利用者が関与しない、または理由が判明しない原因

7. 利用者の本サービスにおけるすべての利用権は、理由の如何を問わず、利用契約が終了した時点で消滅します。
8. 本サービスの利用権は、利用者に一身専属的に(利用者が法人の場合は、当該法人のみに)帰属します。利用者の本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与または相続させることはできません。

第6条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に際して、次の事項のいずれかに該当する、またはそのおそれのある行為をしてはなりません。
(1) 法令に違反する行為または公序良俗を害する行為。
(2) 当社またはその関係会社の役職員その他当社または本サービスの関係者を装う行為。
(3) 誹謗中傷、流言その他第三者の名誉または信用を毀損する発言。
(4) 不正アクセス、第三者のID等を当社に通知するなどして第三者の利用者になりすます行為。
(5) 通信妨害行為、通信傍受行為、本サービスを運営するサーバーへの侵入行為または情報奪取行為。
(6) コンピュータウィルスその他不正な情報を送信しまたは書き込む行為。
(7) 不法行為、詐欺行為または不当利得等のために本サービスを利用する行為。
(8) 第三者の個人情報を収集、蓄積、開示もしくは伝達する行為、またはこれらを試みる行為。
(9) 本サービスの内外を問わず、ID等、利用者情報その他本サービスの利用にかかるデータや情報等を貸与、交換、譲渡、名義変更、売買、換金、質入、担保供与その他の方法により第三者に提供する行為、またはこれら行為を誘引・助長・宣伝等する一切の準備行為。
(10) 当社または第三者の知的財産権等その他一切の権利を侵害する行為。
(11) 本サービスもしくはこれにかかるサーバーのバグその他の不具合の不公正な目的での使用、またはこれを教唆もしくはほう助する行為。
(12) 逆コンパイル、逆アセンブルもしくはリバースエンジニアリング、またはこれらの行為を第三者に誘発、推奨させるような一切の行為。
(13) 当社の事業または本サービスの運営を妨げる行為。
(14) その他、当社が不適切と判断する一切の行為。

第7条(サービスの中断)

1. 当社は、次の各号に揚げる事由のいずれかが生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。
(1) 運営サーバー等のシステムに関し緊急の保守を行う場合、または定期的なメンテナンスを行う場合。
(2) 運営サーバー等のシステムにて当社が予期せぬ不具合等の発生により、本サービスの提供が停止した場合。
(3) 当社が、運用上または技術上の理由から、サーバー運用の一時的な中断が必要と判断した場合。
(4) 本アプリその他本サービスに関連するシステムの一時中断、停止、終了、利用不能または変更等の場合。

2. 前項各号に掲げる事由による場合は本サービスの遅延または中断等が発生した場合でも、これに基づいて利用者が被った損害について当社は一切責任を負わないものとします。

第8条(サービス内容の変更)

当社は、当社が必要と判断する場合、利用者に事前に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更することができるものとします。

第9条(秘密情報)

1. 利用者は、本サービスの利用に伴い、当社より提供を受け、または知得した当社の秘密とされるべき営業上、財産上、技術上その他の情報(以下「秘密情報」といいます)を適切に管理し、当社の書面による事前の承諾なしに開示または漏洩しないものとします。ただし、次のいずれかに該当する情報については、この限りではありません。
(1) 提供を受け、または知得した際、既に自己が保有していたことを証明できる情報
(2) 提供を受け、または知得した際、既に公知となっている情報
(3) 提供を受け、または知得した後、自己の責によらずに公知となった情報
(4) 正当な権原を有する第三者から適法に取得したことを証明できる情報
(5) 提供を受け、または知得した情報によることなく独自に開発・取得していたことを証明できる情報

2. 前項の定めにかかわらず、利用者は、法律、裁判所または政府機関の命令、要求または要請に基づき、秘密情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令、要求または要請があった場合、開示前に(あるいは事後速やかに)その旨を当社に通知したうえで、必要最小限の範囲で開示するものとし、開示後も秘密情報として取扱うものとします。

3. 利用者は、当社から求められた場合には遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載または包含した書面その他の記録媒体物およびその全ての複製物を返却または廃棄するものとします。

第10条(損害賠償責任)

1. 本サービスの利用に関し利用者に損害が発生した場合で、当社がその損害を賠償する場合は、当社の賠償すべき損害の範囲は、利用者に直接かつ現実に生じた損害の範囲に限り、当社の予見可能性の有無にかかわらず、特別の事情から生じた損害、逸失利益、間接損害、その他の損害については一切責任を負わないものとします。但し、当社の故意または重大な過失による場合はこの限りではありません。

2. 利用者が、本サービスの利用に際し、当社に損害を与えた場合は、当社は当該利用者に対し損害賠償を請求する場合があります。

第11条(譲渡禁止)

利用者は、本サービスの利用に関連する権利や義務、地位または利益について、第三者に譲渡、承継、または担保提供等することはできません。

第12条(免責)

1. 当社は、本サービスを利用者に提供するするにあたり、これら一切について、事実上または法律上においても、安全性、信頼性、正確性、有効性、有用性、完全性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグがないこと等を利用者に対し明示的にも黙示的にも保証しません。

2. 当社は、本サービスの提供において、利用者に対し、次のことを保証しません。利用者は、本サービス利用後の成果等については、対象となる利用者の事業、サービス、または商品ごとに性質上の差異があること、また当該非保証を理解し、事前に了承するものとします。

(1) 本サービスにより、利用者の活動・事業等において一定の成果、売上、利益、フォロワー数、その他の有益な機会等が得られること。
(2) その他、利用者の特定の目的への適合性(利用者の期待する特定の目的の達成や結果が得られること)

3. 当社は、本サービス提供に使用する本アプリやサーバー、システム等の中断、休止、停止、廃止もしくは不具合を含む本サービス利用中の事故やその他本サービスに起因して利用者または第三者に生じたあらゆる損害について、当該損害が当社の故意または重大な過失による場合を除き、一切の責任を負いません。

4. 当社は、利用者が本サービス利用に使用するデバイスに蓄積したデータ等が消失または利用者本人により削除された場合、あるいは第三者により改ざんされた場合においても、それを復旧する責任は負いません。

第13条(自己責任の原則)

1. 利用者は本サービスの利用にあたり、利用者ご自身の判断と意思により利用するものとします。

2. 利用者が、第三者に権利帰属する写真、動画等の素材を当社へ提供し、当社がこれら使用して制作を行った場合において、これにともない、知的財産権等を侵害するなどとして当該第三者から訴訟を提起され紛争が発生した場合には、利用者の責任と費用をもってこれを処理解決しなければならず、当社には一切迷惑をかけないものとします。

第14条(利用の拒絶等)

1. 当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者に対し本サービスの利用を承認せず、または拒絶する場合があります。
(1) 利用者から提供された利用者情報が虚偽であるとき。
(2) 利用者が本規約、また当社が提供するその他のサービスにかかる規約や契約に違反したとき。または過去に違反していたことが判明したとき。
(3) その他本サービスの利用が不適当であると、当社が合理的に判断できる事情があるとき。

2. 当社は、利用者が本規約に違反し、または違反している可能性があると判断した場合(利用契約に基づく利用料金の支払いがなされなかった場合を含みます)、直ちに利用者の本サービスの利用を、一時的または永久的に、あるいは部分的にまたは全体的に停止し、もしくは利用者との利用契約を事前の予告無く解除することができるものとします。なおこの場合、本サービス等の利用に関して利用者が負担した費用、利用料金は返還されません。

第15条(権利帰属)

1. 本サービスに関するノウハウ等の知的財産権は、当社に帰属しており、かつ当社の承諾を得た場合を除き、如何なる場合にも、利用者には移転しません。

2. 利用者は、当社の知的財産権を侵害し、または侵害するおそれのある行為をしてはならないものとします。

第16条(反社会的勢力等)

1. 利用者は次の各号に該当しないことを保証し、将来においても該当しないことを誓約するものとします。
(1) 反社会的勢力等または反社会的勢力等でなくなったときから5年を経過しない者であること
(2) 反社会的勢力等に資金提供等、便宜の供給を行っていること
(3) 自らまたは第三者を利用して、他者に対して暴力行為、詐術、脅迫的言辞を用いていること

2. 当社は、利用者が前項の規定に違反した場合、事前に催告することなく、直ちに当該利用者との利用契約を解除することができます。

3. 当社が前項の規定により利用契約を解除した場合には、解除により利用者に生じた損害の一切について賠償する義務を負わないものとします。

第17条(完全合意)

本規約は、本規約に含まれる事項に関する当社と利用者間の完全な合意を構成し、書面か否かを問わず、本規約に含まれる事項に関する両者間の事前の合意、表明および了解に優先するものとします。

第18条(合意管轄)

本規約に関して紛争が生じた場合は、当社の本店を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

第19条(協議事項)

本規約に疑義が生じた場合また本規約に定めがない事項については、当事者間で誠意をもって処理解決するものとします。

第20条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第21条(有効期間)

本規約の有効期間は、利用契約成立の日から効力を生じ、双方が合意したサービス提供期間が満了したこと、あるいは解除、解約されたことによる当該利用契約終了の日まで有効に存続するものとします。

第22条(存続条項)

利用契約が終了した後においても、第6条(禁止事項)、第9条(秘密情報)、第10条(損害賠償責任)、第15条(権利帰属)、第16条(反社会的勢力等)、第18条(合意管轄)、第20条(準拠法)および本条(存続条項)は、なお有効に存続するものとします。

以上